業務用エアコン設置が出来るお店を東京でお探しならご相談ください!

業務用エアコン販売・取付 クラシス
  • 0120-572-2194 月〜金 9:00〜18:00(土日祝日除く)
  • お問合せフォーム

東京の業務用エアコン設置

業務用エアコンの設置をお考えの方は、迷わず株式会社クラシスお任せください。
業務用エアコン専門の工事会社として、ダイキン・三菱・東芝・日立の大手4メーカーの最新機種を取り揃えており、神奈川・東京エリア最安値でお客様のオフィスの環境に最適なエアコンをご提供させていただきます。ご相談はもちろん、お見積りにも完全無料で対応。見積金額や弊社の対応などに満足いかない場合は、キャンセルしていただいても手数料や交通費などもかかりませんので、まずは安心してお問合せください。
業務用エアコンは家庭用よりも長持ちするようになっていますが、万一のときには弊社独自の工事生涯保証プラス機器10年保障をお付けしており、24時間365日体制でトラブルに対応しています。

東京の業務用エアコン設置

何かあったときにはお電話をいただければ、スピーディーに現場に駆けつけ適切な対応をさせていただきます。
フリーダイヤルの他にも自社のWEBサイト上に「お問合せフォーム」をご用意しておりますので、ご都合の良い方法にて連絡ください。お客様のご都合に合わせて現地調査に伺い、商品の発注やスケジュール調整を行い、最短納期で業務用エアコンの設置工事をさせていただきます。
疑問点や不安なことがございましたら、いつのタイミングでも何なりとご相談ください。

01業務用エアコン設置のポイントとは

業務用エアコンを設置する際には、取り付けをする場所に適した形状を選択することが大きなポイントです。
家庭用エアコンとは異なり、業務用エアコンにはさまざまな種類があって、それによって形状が大きく異なります。お部屋の間取りや構造によっては、取り付けできないものもあり、設置できても十分な性能が得られない場合もあります。
そのような場合は設置場所も大事ですが、必要な設置台数も決めなくてはいけません。業務用エアコンでは広さと能力は合っていても、実際に使用してみると効きが悪いということも十分に考えられます。
例えば、細長い廊下に設置すべきは、到達距離の長い天吊形や床置形で、その他のタイプを選択してしまうと機器の性能を100%発揮できないだけでなく、無理に使用することで故障の原因にもなるので注意しなくてはいけません。
オフィスに取り付けする場合は、パソコンなどのOA機器からの発熱を考慮する必要があります。

業務用エアコン設置のポイントとは

飲食店の調理場などの火を取り扱う場所ではそれ以上に注意しなくてはいけません。
業務用エアコンの設置に関して不安や疑問がある場合は、工事業者に要望などもしっかり伝えて、適切な設置場所を一緒に考えましょう。

02初めてリースを利用するときの注意点

初めてリースを利用するときの注意点

業務用エアコンは、広いオフィスや店舗になるほど、家庭用と比較するとかなりの費用がかかることになります。特に自社ビルなどをお持ち方で、業務用エアコンを設置するとなると、莫大な費用が発生してしまいます。
そんなときにお得に利用できるのがリース契約です。一括現金購入した場合に比べて、リースの場合はどうしても総額は高くなりますが、リースだと初期費用を0円にできるという大きなメリットがあります。
業務用エアコンを購入するとなると、最低でも数十万円のお金がかかりますが、リースだと購入費用はもちろん、工事費用の負担も抑えることができます。
開業・開店したばかりのオーナーにとっては、業務用エアコンをリースすることで、その分を運転資金に回せることはとてもありがいたいことです。さらに、リースだと常に新しいエアコンを使用できる点も大きなメリットです。
ただし、中途解約ができない点がリースのデメリットとなっています。自己都合の中途解約になると、リース会社に自己負担で返却し、さらに残りのリースの全額をリース会社に損害額として支払わなくてはいけません。
また、リース契約の間はずっと所有権がリース会社にあって、期間が過ぎたときには再契約するかエアコン本体を返却しなくてはいけません。

03業務用エアコン設置に関することでよくある3つのお悩み

1.電気代が高くならないの?
小規模な店舗や事務所などでは、家庭用エアコンを設置しているケースも多く見られますが、猛暑や極寒日などには能力不足でお客様に不快な思いをさせてしまうこともあるようです。そのため、業用エアコンへの交換をするオーナー様もたくさんいるわけですが、そのときに電気代が高くなるのでは?と心配する方も少なくありません。
選択するエアコンによっては以前よりも電気代が高くなることもありますが、店舗に合う省エネタイプの商品を選択することで、電気代を節約できる場合もあります。

2.電源はどうなるの?
業務用エアコンを設置するのに、特別な電源が必要になるのでは?と心配される方も多いようです。
家庭用のコンセントは単相200Vが一般的となっていて、大きな業務用エアコンの機械には三相の電源から電気を効率よく送ります。
ただし、業務用エアコンには家庭用と同じ単相200Vも選択可能となっているので、工事会社に確認してみましょう。

3.業務用エアコンの馬力や台数はどうすれば良い
業務用エアコンを設置する場合は、馬力や設置台数をどうするかでエアコンの効き目が大きく関わってきます。
一般家庭の部屋とは異なり、オフィスや店舗は特別な形状や構造や環境下に置かれている場合が多いため、馬力や設置台数に関してはプロである工事会社の判断に任せることを推奨します。

04業務用エアコンの種類

業務用エアコンには家庭用エアコンとは異なり、種類が数多くラインナップされています。
私たちが普段家庭で使用しているエアコンは壁掛形と呼ばれているもので、その名の通りに壁に設置するタイプのものです。壁掛形は、小規模の事務所やお店でも業務用として用いられています。
業務用エアコンには、壁掛形の他にも「天井吊形」「天井埋込形」「床置形」などのタイプがあります。
天井吊形は、その字の通りに天井に吊るタイプのエアコンで、音も静かでお洒落感を演出できるため、センスの良いアパレルショップや飲食店やデザイン事務所などによく選ばれています。
天井埋込形は、天井の中に穴を開けて設置するタイプで、空調の存在を消し去ることができるというメリットがあります。インテリアを目立たせたい店舗やホテルなどのおすすめで、吹出口と吸込み口が本体から分離していて静かな環境を演出できます。
床置形は、床にそのまま置くタイプのエアコンで、足元に風を送りたい方にはおすすめです。デザインもスマートでそれほど大きくないため、スペースもそれほど取りません。設置に手間がかからないため設置費用を抑えることができ、エアコンのお掃除もしやすいのが特徴です。

05神奈川・東京近郊エリアで業務用エアコンの設置に対応

弊社は東京都町田市に本社を置き、神奈川県横浜市にも事務所と倉庫を構え、東京都・神奈川県を中心に業務用エアコンの設置を行っています。その他、埼玉県、千葉県、静岡県(東部)、山梨県(東部)が対応エリアとなっております。
町田市は、東京の最南端に位置する人口約43万人の都市で、新宿、渋谷などの都心や横浜にもアクセスが良いことで知られています。
小田急線町田駅の1日の平均乗降人員は新宿に次いで第2位で、連日駅前には多くの人で賑わっています。大学や専門学校が多いため、学生が多い街としても有名です。
小田急線とJRが乗り入れている町田駅周辺には、デパートやショッピングセンターなどが立ち並び、古くから栄えてきた商店街もあるため、買い物に不自由することはありません。ラーメン店の激戦区でもあり、飲食店がたくさんあるグルメの街として知られています。
駅から少し離れると、緑いっぱいの公園や農地などの自然もたくさんあって、古い歴史を感じられる古道や寺院や史跡などもいろいろ目にすることができます。
町田市は新しい文化を積極的に取り入れながら、古き良き自然や伝統を残す取り組みも行っていて、小さなお子様から高齢者までのニーズを満たしてくれる非常に住みやすい街です。

06業務用エアコン設置費用の目安

気になる業務用エアコンの設置費用は、エアコンの種類や室内機の個数の他にも、どこの工事業者に依頼するかによっても大きく変わってきます。費用相場は5〜21万円前後と、非常に幅が広いです。
壁掛けタイプのエアコンで1.5〜2.5馬力のシングルタイプであれば5〜6万円前後、8馬力のマルチタイプになると15万円前後となります。壁掛けタイプは業務用エアコンの中では比較的小型であり設置も簡単であることから、設置費用は最も安くなります。
床起きタイプのエアコンも、設置が簡単であるため工事費用は比較的安めに設定されています。1.5〜2.5馬力のシングルタイプだと5〜6万円前後、10馬力のマルチタイプでも18万円前後です。

業務用エアコン設置費用の目安

天井吊タイプでは、次に紹介する埋込タイプと比べると、天井に穴を開ける必要がない分安く設置できます。1.5〜2.5馬力のシングルタイプだと8〜9万円程度、10馬力のマルチタイプになると18〜20万円ほどです。
埋込タイプになると、1.5〜2.5馬力のシングルタイプで9〜10万円前後、10馬力のマルチタイプで20〜21万円が相場となっていて、業務用エアコンの中では最も設置費用が高いタイプとなっています。
少しでも設置費用を抑えたいなら、複数の工事業者から相見積りを取ることをおすすめします。

07商品選びの3つのポイント

01室内機の形状を決める

業務用エアコンにはさまざまな形状があるため、設置場所の広さだけではなく空間の構造やデザインや用途に合った最適な室内機を選択しましょう。
スペースを有効活用するなら天井埋込タイプがおすすめで、設置のしやすさや費用の安さを求めるなら露出タイプを選択しましょう。
どのタイプを選択すれば良いか迷うなら、信頼できる工事業者に相談してください。

02最適な馬力を決める

業務用エアコンの能力は馬力で表されますが、部屋の広さだけで決めるのはなく、設置場所と使用用途に合わせることがポイントになります。
たとえば火を扱う飲食店の厨房では、広さに合わせてエアコンを選んでも、全く冷房が効かないということもあります。
長く快適に省エネのエアコンを長く使用し続けるためには、馬力の選定はプロに任せることを推奨します。

03環境に合わせて機能やオプションを選択する

最近では家庭用エアコンにも自動お掃除機能などのいろいろな機能やオプションが付いていますが、同様に業務用エアコンでもオプションなどを選択できるようになっています。
メーカーによって選択できるオプション機能も異なり、今では臭い対策やウィルス対策ができるような商品も発売されています。
人が多く集まる場所で利用される業務用エアコンは、衛生面への配慮も必要です。

08工事業者ごとの違いとは

業務用エアコンを設置してもらえる工事業者は、大きく分けるとメーカーと設置業者に分類されます。メーカーの場合は特定の商品の選択を余儀なくされるため、ここでは設置業者の違いについて説明します。
設置業者ごとにさまざまな違いがありますが、やはり消費者が最も気になるのは価格面だと思います。
業務用エアコンを取り付けしてもらう場合は、室内機と室外機の本体価格の他にも設置費用がかかります。その両方を合わせると最低でも数十万円になります。
同じ商品を設置してもらう場合でも、依頼先によってはかなりの差が出るので、必ず1社ではなく複数社から見積りをとって価格を比較することをおすすめします。
業務用エアコンを設置する場合は、現地調査も必要になりますが、これを無料で対応してくれる業者もあれば有料での対応としているところもあります。そうなるとさらにトータルでかかる費用が高くなってしまいます。
他にも、業者ごとに保証やアフターサービスの内容が異なります。メーカー保証しか付けてもらえないケースもあれば、独自の長期保証や生涯保証を設けている業者もいます。
アフターサービスでも即座に対応してもらえる業者もあれば、何かあったときに駆けつけてくれるまでかなりの時間がかかるような業者もあります。対応の速さ以外にも、対応してもらえる時間帯や曜日などにも違いがあります。

09お客様からよく寄せられる相談とは

  • お客様からよく寄せられる相談とは

    業務用エアコンに限ったことではありませんが、エアコンから嫌な臭いが発生して困っているという相談を良く受けます。
    この問題に対しては、こまめにエアコンのクリーニングを行うのも効果的な対策ですが、嫌な臭いを発生させない商品を選択・交換するのもおすすめの方法です。
    エアコンを夏に使用する冷房運転では、室内の暖かい空気を吸い込み、涼しい風を出しています。エアコンの熱交換器によって室内の空気が冷やされ、その温度差によって熱交換器にはどうしても結露が発生します。
    結露をしたとこに、空気中から吸い込んだ汚れやホコリが付着し、その状態で運転を停止してしまうとエアコンの中にカビが発生して繁殖を起こしてしまいます。それがエアコンから出る嫌な臭いの原因です。
    業務用エアコンは、多くの人たちがやってくるオフィスや店舗、幼稚園、クリニックなどで利用されています。そのような場所で嫌な臭いが発生してしまうことはなるべく避けたいものです。
    家庭用エアコンと同様に、業務用エアコンも年々性能が良くなっていて、カビや有害物質に作用する特殊な機能を備えた製品が発売されています。さらに、ウィルスを吸着するフィルターも、オプションなどで用意されています。

10お客様から多く寄せられる3つの質問

質問
工事にどのくらいの時間がかかる?
回答
業務用エアコンの設置工事にかかる時間は、エアコンの種類や台数によっても異なります。
目安として、特殊な工事が必要なければ、壁掛けタイプで2〜3時間、床置形で3〜4時間、天吊形で3〜4時間、天井カセット形で4〜5時間、ビルトインタイプで6〜8時間程度となっています。
余裕を持って半日みておけば、大体の設置工事は完了します。
質問
故障したときの対応はどうなっているの?
回答
業務用エアコンが故障したときの対応の仕方は、設置した工事会社によって異なります。
平日の朝9時から午後5時などしか対応してくれない会社もあれば、365日24時間体制で修理やトラブルに対応してくれるところもあります。
24時間営業の店舗などに業務用エアコンを設置するなら、365日24時間対応の迅速に駆けつけてくれる会社を選択することをおすすめします。
質問
設置する業務用エアコンの種類は何がベスト?
回答
業務用エアコンには数多くの種類はあるため、自分たちではどれを選ぶのが正解なの?という質問は多く寄せられています。
業務用エアコンは種類別に特徴があって、それにより設置場所も限定されてきますので、プロである工事会社がお客様の希望も丁寧に聞いたうえで、最適なエアコンを提案してくれます。
候補が多くある場合でも、良心的な工事会社ならお客様が納得するまで一緒になって考えてくれます。

11工事会社選びの注意点

POINT 古いエアコンから新しい業務用エアコンの設置工事をしてもらう業者を選ぶときには、フロンガス回収の資格の有無を確認することが大事になります。なぜなら、業務用エアコンの廃棄にはフロン回収が義務付けられているからです。
エアコンに含まれているフロンガスは、オゾン層を破壊し地球温暖化問題に大きく影響します。そのため、業務用エアコンを廃棄する際にはフロン回収・破壊法に基づいて、エアコンの中に入っているフロンガスを専門業者に回収させなくてはならないと定められています。
業務用エアコンを廃棄するときは、機器の所有者である依頼主が、都道府県に登録されている回収業者にその中に入っているフロンの回収を依頼しなくてはいけないのです。
そんなことは知らなかったと主張しても、回収しないでフロンガスを放出させた場合は、1年以下の懲役か50万円以下の罰金に処せられてしまいます。
加えて、空調設備工事には建設業許可が関係しているため、業務用エアコンの設置を依頼する業者を選ぶときには、必要な許認可を持っていることも併せて確認してください。

12業務用エアコンの馬力について

馬力と聞くと、自動車やバイクを思い浮かべる方も多いと思いますが、業務用エアコンの能力は、家庭用とは異なり馬力で表します。
家電量販店などにエアコンを買いに行って商品選びをしていると、エアコンの能力は「〇畳用」と表記されているので、我々消費者はエアコンを設置する部屋の大きさに合ったものの中から選択することになります。
10畳や20畳ほどの狭い事務所であれば、家庭用エアコンを設置しても暑さや寒さをしのぐことはできますが、スペースが広いオフィスになるとそうはいきません。
そもそもオフィスの広さは〇畳などではなく平方メートルで表記されるケースがほとんどで、業務用エアコンを設置する専門店などの業界では、「10坪3馬力」という言葉がエアコンの能力の目安として使われています。
家庭用エアコンの出力は「kw」で表されますが、馬力をkwに換算すると、1馬力約2.8kwに相当します。これは、ある家庭用エアコンメーカーの10畳用に該当します。
業務用エアコンは、通常では1.5馬力から12馬力まで用意されていて、最も出力が低いものでも15畳ほどのスペースであればカバーできるようになっています。能力がかなり高い業務用エアコンは、家庭用に比べるとその分寿命が長いことも特徴です。

PageTop

  • ●本社 東京都町田市成瀬台4-30-19
    ●第一横浜倉庫兼事務所 神奈川県横浜市青葉区あかね台1-1723
    ●第二横浜倉庫 神奈川県横浜市緑区長津田5-1886
  • 0120-572-2194 月〜金 9:00〜18:00(土日祝日除く)
  • お問合せフォーム

Copyright(C) 株式会社クラシス All Right Reserved.